• ライン
event

イベント

葉っぱ
葉っぱ
鳥
気球
 
受付中

楽しみながら好き嫌いをなくそう! これさえ知ればもう子どもの食事に悩まない!全3回コース開催♪

現役 保育園管理栄養士が子どもの好き嫌いをなくすコツを教えます♪なんでも食べる子になれば食事はきっとラクになります☆

こんなお悩ありませんか?

チェック 好き嫌いはどうしたらいいの?

チェック 大きくなったら食べれると思っているけどそれって本当?

チェック 食べないと時は食べさせないほうがいいの?

チェック 決まったものしか食べない。どうすればいいの?

チェック 食べるのが遅くて大変・・・

 

人生の時間配分!食事の時間はなんと5年~10年

生きることは食べることです。

もし食べることが好きであれば人生はきっと楽しみが増えることでしょう。

しかし、食事が好きか嫌いか、楽しめるか楽しめないかはほとんどが小さい頃の実体験で決まってしまいます。

でも食事の時間ってママは片付けやイヤイヤで大変ですよね・・・

 

なぜ好き嫌いはあるの?

大人になったら食べれると思っているけど本当?

食べないと時は食べさせないほうがいいの?

どうやって食べさせればいいのか分かならい

 

そんなママに現役保育園の管理栄養士が

ママ達のなんで?にお応えします!!

 

 

『何を食べるか』よりも

子どもの頃の食習慣は、一生涯にわたる影響をもたらします。

 

例えば

●ぐずった時にお菓子をもらってなだめられていた子は大きくなったとき、ストレスや悲しいことがあると食べ物に頼りやすくなったり  

 

●小さい頃に苦手な食材に対してトラウマを抱えると一生食べられなくなったり

 

●アイスやお菓子を頻繁に食べる習慣が小さい頃にあるとそれは大人になってもきっと続く可能性があり

 

●味の濃い食べ物に慣れてしまうと大きくなってなんでもソースや醤油をかけて食べる味覚に育つ可能性が高くなります。

 

 

食に対しての習慣は小さい頃の経験によって出来上がります。
でも安心してください。
これらは初期の段階であればちょっとしたきっかけですぐに直せることが出来るんです♪
 
『食べるもの』でその人の人生は大きく変わります。
小さい頃に食事に対してポジティブな体験を重ねていけば子どもは最良の状態でスタートできます。
 
 

現役 保育園管理栄養士があなたの子どもの食事のお悩みにお応えします♪

 

1. 『食べない』原因はなんでしょうか?

食べ物の好き嫌いはその子の『性格』ではなく『経験』によって決まっていきます。

この経験によって味覚が育っていきます。

味、匂い、食感、その時の感情が脳に記憶され

その時の脳の記憶によって好き嫌いが形成されていきます。

なので嫌いな食べ物=嫌な思い出になっている可能性が非常に高いです。

 

大きくなるにつれ食べられる野菜や料理も増えていきますよね?

しかし、問題なのは大きくなっても食べられない野菜や料理があるということです。

 

大人になっても食べられない原因は実は小さい頃の体験によることがほとんどなんです。

脳がいつまでも嫌な思い出として捉えている可能性があります。

 

なので食べれるようになるには

嫌な思い出→楽しい思い出に書き換える必要があります。

 

この教室ではお子さまの苦手な野菜や季節の野菜を使った遊びを毎回行っていきます。

そこで楽しい思い出と記憶してもらえれば

子どもが自ら進んで食べれるようになることを目指します♪

 

 

2.細かく切ったり、分からないように混ぜたり毎日の工夫って大変じゃないですか?

ピーマンが嫌いな子に細かく刻んでこっそりハンバーグに入れたとします。

ピーマン入りハンバーグはなんとか食べても

他のピーマン料理を食べることはないでしょう。

そして、毎回細かく刻んで調理の工夫をし続けなければなりません。

疲れちゃいませんか?

 

これでは根本的な解決にはなりませんし

万が一嫌いなピーマンを黙って食事に混ぜている事がバレたら

子どもは信頼していたママが嘘をついた。と感じてしまい

その食材に対して嫌な思い出として記憶されてしまいます。

それでは

お子さまにとって食事は楽しくないものになってしまいます。

 

ハピネスでは野菜そのものを食べれるようになる方法をお伝えします。

 

3.好き嫌いは子どものわがまま?

偏食は「わがまま」の一言で片付けてはいけない問題です。

 

単純に「味」や「苦み」だけの問題だけではなく

口に入れた感じ、中にはうまく咀嚼できなかったり、飲み込みが困難な子や

その子の発達状況によって子どもが「嫌い」と感じるポイントは様々。

 

特に小さいお子さんの場合、好き嫌いや偏食は「感覚の問題」によることが多くあります。

まずは「どこに問題があるのか」をよく観察し原因を探すことが大切です。

 

ハピネスではお子さんの「食べない原因」を見極め

楽しく嫌いな食材を食べることが出来る方法をお伝えします。

 

4.幼児期の食事が人生で一番大切

赤ちゃんは1歳までに体重が生まれた時の3倍ビックリマーク

脳は3歳までに8割完成ビックリマーク

そんな急速な成長には、栄養ある食事が欠かせません。

 

「何を食べるか」だけではなく「どう食べるか」が大切!

この時期の食事は長期的な健康だけでなく

その後の食の好み(食べ物の好き嫌い)にも

大きく影響をもたらします。その他にも

食欲の調整力(食べる量をコントロールする力)や

食べ物との関係性(たとえばストレスや悲しいことがあると食べたくなる傾向や偏食など)

を形成するうえでとても大切な時期なんです。

 

ハピネスでは「何を食べるか」ではなく「どう食べるか」を大切にしてお伝えしていきます。

 

ハピネスでは

 

チェック嫌いな野菜も自ら進んで食べれるようになる

チェック食事が楽しいと思えるようになる

チェックなんでも食べれるようになるとママがラクになる

チェック家族も健康になる

 

小さい頃の食習慣で子どもの未来は大きく変わります

 

 

 

ママも子どもも笑顔になれる時間をお届けしています。

 

あなたも一緒に未就園児の時期を親子の永遠の思い出になる楽しく充実した時間にしませんか?

 

 

■5月10日(月曜日) 10:00~11:30
第1回 原因が分かればもう悩まない!子どもの食べない理由を徹底解説!

 

■6月14日(月曜日) 10:00~11:30
第2回 子どもの簡単栄養学と管理栄養士がやっている苦手な野菜が食べられる楽しい食事方法!

 

■7月12日(月曜日) 10:00~11:30
第3回 毎日の献立が大変!忙しい時は食卓にこれさえあれば誰でも栄養がとれる簡単ご飯教えます

 

全3回コースです。

親子で10,000円(税込み)

※限定5組(定員に達したら募集は終了します)

 

 

 

詳細情報

開催日 2021年5月10日(月)
時間 10:00~11:30
会場 一時お預かり専門託児所 ハピネス(予定)
※場所の変更がある場合がございます。
参加費 全3回親子で10,000円(税込み)
なし なし
申し込み お申し込みはこちら